へそのゴマは細菌の住処

ここまでくると丸ごとこびりついてしまっていて自身ではどうにもできないので、皮膚科へ行って処置してもらうのが良いでしょう。

ゴマと言ってもその汚れは垢や皮脂、汗、毛、石けんカスなどが混ざり合ったものです。

万が一こびりついて取れないようであればオリーブオイルなどを使用すると浮いてくるので取れやすくなります。

へそが黒いのはへそのゴマがたまっているためです。

傷ついて炎症を起こすきっかけになってしまいます。

しかしデリケートなところなのでゴシゴシとこするような事をしてはいけません。

ある日、ふとへそを見てみると黒いので驚いたという事を経験した事がある方もいるのではないでしょうか。

へその黒ずみはずばり汚れがきっかけです。

時がきたらティッシュで真っ先にオイルをぬぐい、残りのオイルは綿棒でそっと優しくからめとります。

それがどんどん悪化すると炎症を起こし、そこから細菌感染を起こして最終的には腹膜炎になってしまったという人もいます。

驚いたことにへその中は便器より不潔になりやすいという事なのです。

とれないのに理不尽をして取ろうとするとおなかが痛くなったりする事もあるので用心しなくてはいけません。

へそが黒いステータスにまでなるのは皮膚の伸び縮みがあるため、常識的にお風呂に入って体を洗っているだけでは十分に汚れを落とせないからです。

10分ほどが良いでしょう。

その上ゴマがこびりついて相当取れないという様子にもなりやすいです。

そこにラップをしてしばらく待ちます。

手順は仰向けに横になり、オイルをゴマのところにちょっとたらします。

その上へそのゴマに内蔵されている細菌の数は1gあたり約120万個、これは便器の中にある水と対比するとおよそ4100倍になります。

オイルを使用する事例は綿棒を使用すると素晴らしいにとれやすくなります。

へそは黒くなるだけではなく、汚れなので悪臭がする事もあります。

ゴマをそのまま放置しているとどんどん汚れがたまっていき、長い間固まったり、石のように硬い塊になったりします。

これは週に1度程度でOKです。

たががへそのゴマ、されどへそのゴマというわけです。

そうならないためにも週に2、3回でいいので入浴時に石けんを含んだタオルを指に巻いてゴマをそっと落とすという手法で清潔なステータスに維持するようにしましょう。

特にシルバー世代はゴマがたまりやすいとされており、気がついた時には臍石というゴマが硬くなりすぎて石のようになっているステータスになってしまっている事も少なくないのです。オススメサイト「http://www.体臭対策サプリ.jp/」